PlayStation 2 プレイステーション2

PlayStation 2プレイステーションツー、略称:PS2)は、2000年3月4日ソニーから発売された家庭用ゲーム機です。

2000年と言うと、桜野は4歳。当時の私は、半そで半ズボンでその辺を駆け回る元気な子どもでした。

 

それから3年が経過したころ、この子(PS2)は家にやってきました。

習い事の空手の大会で3位を取り、好きなゲームを買ってくれるというので嬉しさで半狂乱に陥ったことを覚えています。

生まれて初めて触ったゲーム機です。

 

母親もプレイしたがっていた太鼓の達人(タタコン付き)を買えて満足そうでした。

桜野が選んだソフトは……

 

ゲゲゲの鬼太郎 異聞妖怪奇譚』

 

ゲゲゲの鬼太郎の生みの親、水木しげる先生の生誕80周年記念作品の一作です。

ゲゲゲの鬼太郎は、アニメ第4期をぎりぎり見てたかなあというくらいのぼんやりとした感じだったのですが、パッケージデザインに惹かれ、すぐに購入の意思を示しました。

現在中古で買うと2000円前後ですね。数百円で売っているところがあればしめたものです、買って損はしない内容です。

 

私は初代PSを使ったことがないので比べようがないのですが、PS2はDVDプレイヤーにしてもいいので便利です。

f:id:sakuranoharuworks:20170315180013j:plain

PS2桜野宅ではまだまだ現役です。

残念ながらソフトの制作はもう終了してしまいましたが、いつまでも使えるハードだと思います。

思い入れのあるソフトも多いので、それはまた別途で記事を書きたいと思います。

 

そしてそれから2年と少しが過ぎたころに、私はPSのゲームを手にする機会がありました。

タイトルは「ドラえもん おとぎの国SOS」

もちろん私はPS2でのプレイです。

 

そのころの私は気づきませんでしたが(それから8年間くらい気づきませんでした)、

 

PS2ではPSのメモリーカードを無理やり入れないとセーブができません。

それを知らずに、セーブ→ゲーム終了→起動→データがない!

をひたすら繰り返していました。

 

誰に聞こうにも、その頃ほとんどの友だちは携帯ゲーム機に夢中……。

 

でも私はPS2が好きです。

これからも、きっとずっと好きな愛機です。