アウターワールド SFC

 

死にゲーと言われて私が一番に思いつくのはこのゲーム、「アウターワールド」です。

スーパーファミコン用のゲームとして1992年に発売されました。

f:id:sakuranoharuworks:20170317175749j:plain

まず、グラフィックがすごい。

当時にしては珍しいポリゴンによるアニメーション。

ぬるぬると滑らかに動く登場人物たちに、私は瞬く間に心を奪われました。

 

そしてただ何となく進めているだけではクリアできないゲーム各所にちりばめられている「謎」。

仕草の一つ一つに意味があり、というか意味のない視覚情報はないと言っても過言ではないでしょう。

 

主人公は実験中に異世界へ飛ばされたレスター博士。

第一ステージをクリアすると一人(?)の異世界人と出会います。

そうしてゲームの仕組みを利用し、助け合い、敵を倒していきます。

ゲームは全7ステージ(確か)。

 

私はスーパーファミコン版しかプレイしていませんが、最近は3DS版もあるようですね。こちらは難易度調節などができるようです。

本当に難しいんです……_(:3 」∠)_

博士はヒルに引っかかれただけで死ぬし、すぐ打たれて死ぬし……。

 

けれどその分クリアした時の感動は尋常ではありません。

桜野のおすすめゲームTOP3には必ず入るソフトですね。

 

2017年3月現在では、中古(箱・取説なし)で2000円前後なようです。

間違って100円コーナーに紛れ込むことはまずないと思いますが、あれば即確保して損はないでしょう。

 

あまりの難しさに一人では心が挫けるかもしれません。

そんな時はゲーム合宿!

桜野は学生時代友人とレトロゲームを一晩でクリアするというゲーム合宿をよくしていました。

夜中のハイテンションがきっとあなたを助けてくれることでしょう。

 

攻略を見ただけでできる技もそんなにないので、意地を張らずネットに載っている攻略情報を見てもいいと思います。

 

それでは、今日もよきゲームライフを。